エスクァイア値引きテクニックをチェックしよう

エスクァイア値引き情報

エスクァイアの値引きは、その時の市場の状況次第で値引き相場が変わってしまいます。まずは今現在の値引き相場額をチェックして備えましょう。

 

エスクァイア車体値引き限界額 エスクァイアオプション値引き率
25万円 10~15%

 

合計限界値引き額→30万円

 

このサイトでは、エスクァイア限界値引きを獲得し、トータルコスト60万円カットする方法を紹介しています。少し長いですが、ぜひお付き合いください。

 

エスクァイア値引き前の準備をしよう

 

エスクァイアを買う際、今乗っている車はディーラーに下取りに出すという人は多いでしょう。当然、愛車の買取相場の金額は把握していないはずです。

 

しかし、愛車の買取相場を知らないお客さんのことを、営業マンは「カモネギ」だと思っています。なぜなら、一言言うだけで、かんたんに契約してくれるからです。

 

よくある例を挙げてみます。

 

 

もうエスクァイアは値引きはできません。でも、下取り価格を20万円アップして、40万円で買取ることができますよ!


 

お客さんは「下取りなんてどうせ高くならない」と思い込んでいるので、こういわれたら大喜びで契約してしまいます。しかし、家に帰ってから愛車の買取相場を調べてビックリ!100万円で売却できることがわかってしまうのです。

 

 

このままでは、60万円の大損になってしまいます。しかし、時すでに遅し。いったん契約書にハンコを押してしまうと、下取りナシへの変更は契約破棄となるのです。

 

最悪の場合、賠償金の支払いとなってしまう恐れもあるのです。

 

このように、愛車の買取相場を知らないでいると、エスクァイア値引き交渉が圧倒的に不利になるばかりか、土俵に立つことすらできないのです。

 

愛車の買取相場をリサーチするには

愛車の買取相場を調べる方法はかんたんで、オンライン一括査定を受ければOKです。パソコン・スマホからかんたんに査定ができるほか、複数の中古車買取店から一括査定を受けることができるのも利点です。

 

中古車買取店は全国各地や海外に豊富な販売ネットワークをもっているので、ディーラー下取りよりもずっと高く買い取ることができます。海外は特に日本車が人気なので、海外販売ルートを持っている中古車買取店は強いです。

 

 

オンライン一括査定の場合、まず仮査定を出す決まりになっているので、他の業者に取られないように最大限高い金額を出さなければいけません。車を買い取らないと仕事にならないので、必死で高い値段をつけようとするのです。そうやって、オークション状態になり、買取価格が高騰していくのです。

 

ネットの一括査定はいろいろありますが、1番人気があるのは「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

↑は実例の画面となりますが、一括査定を実行するとその場で即座に愛車の買取相場暫定価格が表示されます。この機能は「かんたん車査定ガイド」独自の機能となり、他のサービスではなかなか利用できません。

 

後はこの金額をメモしておき、エスクァイア値引き交渉に利用すればいいのです。営業マンが下取り価格を提示してきても高いか安いかわかりますし、「それならオプション値引きしてよ」なんて切り返すこともできます。この情報があることで、ようやく営業マンと対等に渡り合えるようになるのです。

 

公式サイトで「下取り」と「一括査定」の査定額対決の結果も見られるので、チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
⇒ http://a-satei.com/

 

1分程度で査定完了できるので、面倒もありません。

 

他の一括査定をも合わせて使ってみよう

愛車を最大限高く売りたい場合は、その他の一括査定を合わせて使ってみましょう。そうすれば、さらに多くの業者から一括査定が受けられるので、買取金額がどんどん高騰しやすくなります。

 

カーセンサー

有名自動車雑誌「カーセンサー」の一括査定サービスとなります。最大30社から査定が受けられるため買取金額が高騰しやすいです。また、リクルートが母体なので安心感もあります。入力項目がやや多いですが、数分で査定は完了できます。

 

公式サイトはこちら
⇒ http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

全国150社の業者が参加しているのが利点。地域密着型業者に強く、マイナー車種が得意な業者も多いです。郊外に住んでいる、あるいはスポーツカーを売りたいなどの事情がある場合は、ズバットを使うと高額査定が出やすいです。

 

公式サイトはこちら
⇒ http://www.zba.jp/

 

エスクァイア値引きの事情を学ぼう


エスクァイアは、国産ミニバンの中でも大変人気の高い、トヨタの上級ミニバンです。ミニバンとしてはいち早くハイブリッドを取り入れており、既存トヨタファンの他にも、エコ意識の高いドライバーの獲得に成功した、トヨタの看板車種と言ってもおおげさではありません。大人気車種なだけにエスクァイアの値引きは渋く、うまく値引き交渉を進めたとしても、20万円程度の値引きが限界となっている現状です。何もしないでいれば7~8万程度の値引きで様子を見てくることも多いので、きちんと値引きを引き出すためにしっかりと交渉を進めていくことが必要となります。

 

エスクァイアはトヨタ車ですから、トヨタ車特有の交渉を行っていくことが大事です。トヨタ車に有効な交渉法といえば何をおいてもトヨタ車同士の競合が大変有効な交渉法になります。

 

エスクァイアはトヨタ店トヨペット店で販売されている車種ですので、トヨタディーラー同士で競合をさせ、相見積に持ち込むことで値下げを引き出しましょう。

 

そして、エスクァイアにはノアとヴォクシーという姉妹車が存在します。ノアとヴォクシーは価格帯が少し違いますが、ノアはカローラ、ヴォクシーはネッツ専売となりますので、エスクァイアとは扱っているディーラーが違います。

 

ですから、ノア・ヴォクシーと競合させるのは、値下げ交渉をする際に有効な手段になります。

 

エスクァイアの値引き交渉を行うに当たって、基本の基本はエスクァイア同士による競合です。そこに価格帯は少し違うですが、姉妹車であるヴォクシー・ノアをぶつけていくことで、更に大きな値引きを引き出しましょう。

 

エスクァイア値引き交渉を実践!

 

愛車の買取相場を把握して、エスクァイアの値引き事情も理解したら、ついに交渉に入ります。まずは、以下の2点にご注意ください。

 

交渉はしつこくしない

エスクァイアの値引きがうまく引き出せないからといって、何度もディーラーに通うのはNGです。「また来たよ…」と思われて引かれてしまい、交渉は進みません。交渉は全部で3回と決めておくと、営業マンにも覚悟が伝わり、しっかりとした商談ができるようになります。

 

予算をあらかじめ決める

エスクァイアの商談前に、予算は決めておいたほうがいいです。例えば総額30万円値引きしたいのであれば、エスクァイアの車体価格とオプション価格から30万円を引いた金額を予算に設定しましょう。その予算については、営業マンに伝えてもいいし、あえて伏せてもいいです。いずれにせよ、予算だけは決めておいてください。予算を決めておかないと、営業マンはどのくらい値引きすればいいのか判断できず、交渉がうまくいかなくなります。

 

 

 

それでは、エスクァイアの初回~3回目交渉までの流れを解説します。

 

初回交渉

エスクァイア値引き初回交渉については、あいさつだけでOKです。ここでガンガン前に出てしまうと、営業マンの印象は悪いです。そのため、ここではエスクァイアの見積もりを取っておけば十分です。

 

実際にトヨタのディーラーにいってもいいのですが、すでに書いた通り、エスクァイア交渉の基本はエスクァイア同士の競合、そしてヴォクシー/ノアとの競合です。なので複数のトヨタディーラーを回る必要があり、休日が何回もつぶれます。

 

効率的に進めるなら、「オートックワン」といったオンライン新車見積もりサービスを利用してみましょう。パソコン/スマホからエスクァイアの見積もりを取り寄せできるので、初回交渉を自宅で済ませることができます。また、取り寄せた見積書の時点である程度値引きがされていることも多いです。

 

大切なのは、エスクァイアの見積書を取ることです。こちらから見積もり依頼をしているということは、営業マンからしても「この人はきちんと対応しよう」と思わせることにつながります。直接ディーラーに行くのでもいいですし、オンラインから取り寄せるのでもいいので、とにかくエスクァイアの見積もりは必ず取りましょう。

 

ネットで見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
⇒ http://autoc-one.jp/

 

もし見積もりを取ったフリをして営業マンに挑んでも、すぐにバレてしまいます。営業マンは地域の事情に精通しているので、こちらの言うことがウソだと見抜いてしまうのです。そうすると信頼は失われ、交渉は100%失敗します。おまけに、ディーラーに行けなくなる可能性すらあります。

 

本命ディーラーだけでなく、対抗ディーラーも全部しっかり見積もりを取るようにしましょう。

 

2回目の交渉

エスクァイアやヴォクシー/ノアなどの見積書を用意したら、今度は2回目交渉です。ここでは初回とはうってかわって、激しく交渉をしていきます。

 

わざわざ見積書を持って来店してくれるお客さんはディーラーにとっても大切なお客さんなので、しっかりと対応してくれます。

 

ここでは、以下のポイントに注意してください。

 

  1. 対抗ディーラー(異資本ディーラーのエスクァイア、ヴォクシー/ノア)などの見積書を取ったことをにおわせて、エスクァイア値引きを迫る
  2. 対抗ディーラーの見積書は見せないようにする
  3. エスクァイアのオプション値引きも取っていく
  4. じっくりと時間をかけて煮詰めていく
  5. 契約しないで、帰宅する

 

対抗ディーラーの見積書を用意しておいて、「あそこではエスクァイアが結構安くなるみたい」なんて言いつつプレッシャーを与えてみましょう。すると、営業マンは負けじと値引き額を増額してきます。ここで気を付けたいのが、対抗ディーラーの見積書を見せないようにするということです。見せてしまうと、その見積書が基準になり、大幅値引きが難しくなります。見せないようにすれば、相手は勝手に「いくら割引されたのかな」と想像し、限界値引きを引き出しやすくなるのです。

 

もし見せてくれといわれたら、「そのお店に迷惑がかかるとこちらも困るので」といって断ればOKです。手元にあるだけでもしっかりと圧力はかかります。

 

ただし、エスクァイアの値引きが伸びないときはあえて見せるのも作戦の1つです。その場合限界値引きは難しくなりますが、現状より1~2万円値引き、なんてことは結構かんたんに引き出せます。

 

もちろんこの作戦は最後の手段なので、すぐに使わないようにしましょう。また、他店に迷惑をかけないことはしっかりと約束させましょう。

 

エスクァイアのオプションについては、「このオプションを付けたいけど、予算が厳しい」なんてことを言えば割りあい簡単に値引きされます。言わないと値下げはされないので、こまめにオプション値引きは狙っていきましょう。

 

しっかりと時間を使って交渉していくと、営業マンも「このまま決めたい!」と思って契約を迫ってくるはずです。その熱意に押されて契約してしまいそうになるかもしれません。しかし、ここはこらえて「嫁と話し合う」などといってハンコを押さずに帰ってください。ここで帰宅するのが、エスクァイア値引きの最後の作戦なのです。

 

3回目の交渉

ついに最終決戦です。3回目は営業マンもアツアツになっていて、「絶対に決める」と鼻息を荒くしているはず。なので、こちらの条件もかなり通りやすくなっています。

 

日程としては、2回目交渉の次の日がベストです。そうすると営業マンの熱もまだしっかり残っていますし、3回目交渉までの間にエスクァイア値引き増額を決裁している可能性も高いです。2回目で帰宅するのは、このためなのです。

 

3回目交渉ではエスクァイア値引き増額はもちろん、諸費用のカットなどさまざまな条件をガンガン提示してください。

 

ただ、欲張りすぎないことも大切。あらかじめ決めたエスクァイアの購入予算を達成したら、すぐに契約してあげましょう。買った後も、ディーラーとの関係は続きます。もしゴリ押しで安くしたとしても、その後の関係が悪くなるようだと元も子ものないのです。

 

エスクァイアの商談に効果大な交渉テクニックをいくつか紹介します。ここぞというタイミングで利用してみてください。

 

机の上にハンコを置いて、「あと○○円安くなるなら、すぐに契約する」とタンカをきる
「奥さんがノア希望なので困っている。安くなればエスクァイアでもいいと言うかもしれない」と家族をダシにしてプレッシャーをかける
契約直前にオプションを追加して、「予算越えちゃうな」と困ったフリをする。営業マンは最後に契約をオジャンにしたくないので、オマケしやすい

 

まとめ

 

愛車の買取相場をリサーチする

現在乗っている車の買取相場を調べておかないと、ディーラーで下取り価格を提示されても、高い・安いの判断ができません。また、そのせいでエスクァイア値引き交渉が不利になり、さらに損をすることになってしまいます。

 

なので、一括査定サービスを使って、愛車の買取相場を調べておくのが鉄則です。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
⇒ http://a-satei.com/

 

エスクァイア値引きの知識をつける

エスクァイアはトヨタ車なので、異資本ディーラー同士の競合が効果大です。トヨタ・トヨペットの2ライン販売となっているので、トヨタVSトヨペットが無難ですが、トヨタ同士・トヨペット同士でも、異資本なら問題ありません。

 

また、ヴォクシー/ノアの姉妹車同士の競合も効果があります。それらの見積書を取っておき、複合的にからめることでエスクァイアの値引きは拡大していきます。

 

交渉は3回まで

エスクァイアの値引き交渉は3回で決めるようにしましょう。しつこく引き伸ばしても効果はありません。

 

もし3回目でうまくいかないときは、別のディーラーに切り替えることも考えましょう。トヨタ・トヨペットディーラーはいくつもあるので、移動してやり直せばOKです。そうすればいつかは良い結果が出るディーラーもあるでしょう。郊外より都心部の方が値引きが出やすい傾向がありますから、郊外のディーラーでうまくいかなかったら都心部のディーラーに変えてみてもいいでしょう。

 

初回交渉にどうしても時間を食ってしまうので、効率化するならオンラインで見積書を取り寄せるのもおすすめです。

 

ネットで見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
⇒ http://autoc-one.jp/

 

 

 

こうしてエスクァイア値引き交渉を進めていけば、愛車の売却で最大30~40万円、値引きで20~30万円程度のコストダウンができるので、トータルで60万円のコストカットも実現可能です。

 

エスクァイア値引きの基礎知識

 

まず初めに理解しておいていただきたいポイントは、「エスクァイアの車両本体値引き」と「オプション・付属品値引き」は分けて考えるべき、別の物だということです。エスクァイアの場合でいえば「車両本体値引き」は、20万円程度が限度になり、オプション・付属品は15%程値引きできれば合格ラインといえる値引き額です。

 

エスクァイアの値引きに関して調べていたら、「50万円値引き達成!」といった情報を見かけることがあると思います。でも、それはオプションを100万円以上付けたからこそ、達成できる数字で有るということを忘れないでください。そのような情報に動かされて、「自分もエスクァイアの50万円値引きを!」と勘違いしてしまい、絶対に達成することのできない、無意味な値引き金額をかかげて交渉に交渉を重ね、時間を浪費してしまうことになるのです。

 

営業マンも同じ人間です、どう考えても応えられない非常識な値引きを押しつけてくるお客さんが相手では、やる気をなくしてしまいます。しかし、適切で明確なエスクァイアの値引き金額のビジョンを持っているお客さんが相手でしたら、「私たちもきちんと対応しよう」と思い、双方にとって望ましい金額へと歩み寄っていくことができるのです。