ネット情報の上手な使い方

ネット情報の上手な使い方

契約日 2015年03月
納期 2カ月
車体値引き額 250,000円
オプション値引き額 58,805円
その他値引き -
値引き総額 308,805円
下取り -
愛車の売却額 -

 

乗り換えはヴォクシーにしようかな?と思っていたが、いまいち顔が気に入らない。こればっかりは譲れないポイントなので、他を検討。ステップワゴンもいいかもしれないな、と思いきや、モデルチェンジ間近と聞いてモチベーションダウン。どうにも巡りあわせがよくないし、次の機会にするかなと思っていたら、エスクァイアの発売が間近と聞き調べたら、これまた顔が好みじゃない。でも、せっかくだしとりあえず検討してみるかと、カタログ請求してじっくり眺めていると、オプションの純正フロントグリル+フロントスポイラーを装備した姿が理想的でした。実物はどうかな、と展示車を見に行ってもやはりかっこいい。

 

これは決まりかな、と顔見知りの中古車屋さんにトヨタのセールスさんを紹介してもらって商談開始。最初の提示は車両本体から15万円、付属品から5万の計20万円値引きと渋い条件。
これでは話にならない、ネットには尾ひれがついているんだろうけど、35万値引きやら40万値引きの話が転がってるし、20万は流石に無いだろう、とセールスさんに伝えると、車両本体25万円引き、付属品54万9231円から5万8805円引きの合計30万8805円引きまで譲歩。

 

紹介してくれた中古車屋さんの顔をつぶすわけにもいかないし、このあたりで妥協することにしました。商談自体は2時間かかっていなかったと思います。下取りは渋かったので中古車屋さんにお願いして、満足のいく額で売却しました。

関連ページ

商談の場では本心は隠そう
相手もプロですから、商談の場には本心を隠してのぞみましょう