エスクァイアのシートアレンジと7人乗り・8人乗り比較

シートアレンジ・7人乗りと8人乗りの違い情報まとめ

エスクァイアは自由自在なシートアレンジが可能で、様々な状況でとても便利に使うことができます。ですが「アレンジの種類が多すぎてどんな時にどうすればいいのかさっぱり!」だという方も多数いるでしょう。

 

それに加えて7人乗りにするのか8人乗りにするのかも大きな悩みどころとなっています。

 

こちらではエスクァイアのシートアレンジの具体的な情報と、7人乗り・8人乗りの違いに関して詳しく説明していきます。

 

エスクァイアのシートアレンジの主な特徴

 

エスクァイアのシートアレンジパターンは、7人乗りの物と8人乗りのものでは大きく違っています。そこで7人乗りの場合と8人乗りの場合に分けた形で解説していきます。

 

3列目シートを簡単に跳ね上げられるのは共通の特徴

エスクァイアの3列目シートには、7人乗り、8人乗り共通の特徴があります。それは簡単操作で左右の3列目シートを跳ね上げが可能なことです。壁際に貼り付けることで、3列目に大きな空間を確保しています。この空間を使って、多彩なシートアレンジ可能となっています。

 

7人乗りの場合のシートアレンジ

 

エスクァイアの7人乗りは2列目シートにキャプテンシートを採用、1列目から順にそれぞれ2人・2人・3人掛けとなっています。

 

超ロングスライドが可能

 

数ある特徴の中でも一番の目玉は2列目シートの超ロングスライドです。スライド幅は810mmととても大きく、3列目を跳ね上げることで本来の3列目の位置まで2列目シートを下げてしまうことが可能です。これにより2列目の足元にはかなりゆったりと広いスペースを生み出せます。

 

2列目シートを横スライド

エスクァイアの2列目はキャプテンシートが採用されています。ですから、通常左右のシートの間には空間がある仕様となっています。車内を広々と使えるのはメリットではありますが、お子さんの年齢次第ではさびしがることもあるでしょう。そんな時には2列目のスライドバーを動かすことで簡単に座席をくっつけたり話したりすることができます。

 

ウォークスルーでアクセス性アップ

 

スライドバーを使うことによって2列目シートを離すこともくっつけると上の項目で紹介しました。座席を離した状態であれば、間の空間を通って3列目にアクセスできる「ウォークスルー」が利用できます。一旦、車から降りることなく3列目への移動が可能なこの機能は大人数での乗車、特に小さなお子さんがいる状況ではかなり役に立つ機能です。

 

多彩な9種類のアレンジモード

 

エスクァイアのシートに関する詳細な機能は上で説明したとおりです。実際にこれらを使った9種類の便利なアレンジモードを紹介します。

 

スーパーリラックスモード


3列目を跳ね上げてしまうことで2列目を目いっぱいまで後ろにスライドしたモード。2列目の足元にゆったり広々したスペースが生まれることで車内空間を快適にします。4人乗りかつ荷物が少ない近距離への旅行などのケースで役に立つモードです。

 

フリーアクセスモード

 

 

2列目シートを左右にスライドすることで席の間をあけるモード。あいた隙間を通って2列目と3列目をウォークスルーで移動できるようになるために、3列目シートのお子さんの乗り降り等面倒を見やすいモードです。

 

だんらんモード

 
席間を離すスーパーリラックスモードと反対に、2列目を1列目に近づけるモード。4人で談笑しながらドライブする際などに役立ちます。また荷室スペースが大きくなるので荷物をたくさん積みたい時にも便利です。

 

ハーフラゲージモード

 
3列目シートの片側を跳ね上げて5人乗り仕様にすることで、荷室の容量を大きくするモードです。

 

前席ベビーケアモード

 
2列目シートを1つだけ前方にスライドすることで、2列目のチャイルドシートのケアがしやすくなります。

 

フロントフラットソファモード

 
1列目と2列目を倒すことで寝そべることのできるフラットな空間を生み出します。インパネへの癖すも簡単ですから、音楽やラジオを聞きながら休憩する際に役立ちます。2列目を背もたれとして使うことで、休憩を取る際にもいいでしょう。

 

ラゲージモード

 
3列目シートを跳ね上げることで荷室スペースを大きく増やすためのモードです。

 

>3列目シートを跳ね上げたモード。2列目シートに人が乗っていても多くの荷物を積むことができます。

 

ビッグラゲージモード

 
3列目シートを跳ね上げると共に2列目シートを前方へとスライドさせることでより多くの荷室容量を確保します。自転車やゴルフバッグなどの長さがある物も積み込むことができますので、レジャーやスポーツに活躍します。

 

リヤフラットソファモード

 
2列目と3列目を倒すことでシートを完全にフラットな状態にします。フロントフラットソファモードでできたインパネのアクセスはできなくなりますが、寝そべって長時間の休憩をとったり車中泊を行う場合にはこちらのモードの方が適しています。

 

8人乗りの場合のシートアレンジ

 

エスクァイアの8人乗りは2列目シートに6:4分割チップアップシートを採用がされており、1列目から順にそれぞれ2人・3人・3人掛けとなっています。

 

2列目チップアップシート

2列目シートがチップアップシートになりますので、7人乗りで可能だった「2列目超ロングスライド」「2列目横スライド」「ウォークスルー」はできなくなってしまいますが、それでも580mmというロングスライドが可能なため使い勝手はいいです。

 

更にチップアップシートになった強みとして、折りたたむことで2列目シートは1列目にかなりくっつく形になります。その為、後方のスペース確保量は7人乗りよりも大きく荷室容量はアップしています。

 

アレンジモードは4種類

 

エスクァイアの 8人乗り方式ではアレンジモードは4種類になっています。

 

フロントフラットソファモード
ラゲージモード
ビッグラゲージモード
リヤフラットソファモード

 

各モードの詳細は7人乗りの物と変わりませんが、2列目シートがチップアップシートになっているため荷室容量に関しては8人乗りの方が大きくなっています。

 

各グレードの7人乗り、8人乗り選択の状況

 

7人乗りと8人乗りのシートアレンジの違いを解説してきましたが、どのグレードを選んだ場合にも7人乗りと8人乗りを自由に選べるわけではないのです。グレード選択によっては7人乗りしか選べない場合がありますので気をつけて下さい。各グレードごとの乗車人数対応状況は以下の表のようになっています。

 

乗車人数

エスクァイアハイブリッド(特別仕様車を除く)

エスクァイアハイブリッド(特別仕様車)

エスクァイアガソリンエンジン
7人乗り

8人乗り

×

 

 

↑の表を見るとわかるとおり、ハイブリッドで8人乗りを選択したい場合には特別仕様車を選択する必要があります。ガソリン車に関してはグレードの制限はなく、どのグレードでも8人乗りシートの選択ができるようになっています。

 

特別仕様車の詳細に関しては↓のページをご確認ください。
>>エスクァイアのグレード比較~おすすめや違い~

 

乗車人数を選ぶ時のポイント

乗車人数は単純にどちらがいいとはいえません。どんな状況で車を使うかや家族構成によってどちらが適しているのかは違います。7人乗りと8人乗りはそれぞれどんな人に適しているのかを説明していきます。

 

まずは7人乗りと8人乗り、それぞれの特徴を簡単にまとめてみましょう。

乗車人数 メリット デメリット
7人乗り

・2列目シートが快適。
・2~3列目がアクセスしやすい。

・最大乗車人数が少ない。
・8人乗りと比べるとやや荷室が狭い。

8人乗り

・最大乗車人数が多い。
・荷室が広め。

・2列目シートの快適性低下。
・2~3列目がアクセスできない。

 

これらを踏まえた上でそれぞれのシートがおすすめな人は以下のようになります。

 

7人乗りシートが向いている人

 

家族の中にお年寄りや小さなお子さんがいる人

 

2列目にキャプテンシートが採用されていることで、超ロングスライドが可能なこともあって、乗り心地がとてもいいです。その為小さなお子さんやお年寄りを快適な2列目シートに乗せてあげることができます。

 

3~4人の少人数で出かけることが多い人

 

大人数で出かけることが少なければ、快適な2列目シートを存分に生かして楽しいドライブできる7人乗り仕様の方がいいでしょう。

 

8人乗りシートが向いている人

 

大人数で出かけることが多い人

 

最大8人乗りこめますので、分乗することなくでかけることができます。大人数で出かける
ことが多いのであれば8人乗りを選びましょう。

 

荷物をたくさん積みこむことが多い人

 

2列目シートがチップアップ方式ですので、7人乗りと比べて荷室容量を大きく確保することができます。

 

子どもの世話をする場合にはどちらがいい?

 

7人乗りの場合、「前席ベビーケアモード」助手席からチャイルドシートのお子さんをケアすることが可能です。8人乗りの場合には、2列目ベンチシートの両わきにチャイルドシートを設置し、真ん中に座れば両側の子どもを同時に世話ができるでしょう。。

 

しかし、7人乗りの方がスペースに余裕があり、負担が少ないのは間違いありません。ですから、快適に世話をしたいなら7人乗りを選んだ方がいいでしょう、すばやく2人の世話をしたいということであれば8人乗りがいいということで、それぞれ目的にあった方を選びましょう。

 

 

7人乗りと8人乗りの価格差は?

 

7人乗りと8人乗りを比較した場合は、7人乗りの方が3万円ほど高くなっています。乗車人数が少ないのに高いのは何故でしょうか? その理由は7人乗りはシートアレンジが多彩なために、シートの仕組みも複雑になっておりその分高価になっているのです。つまりもしも7人乗りのエスクァイアが欲しい場合には価格が3万円アップすることを覚悟する必要があります。高くなった分をコストカットしたい場合には値引きをするなどして対応するようにしましょう。その為の基本的な値引きテクニックは↓の記事をご参照ください。

 

 

>>エスクァイアの値引きで60万円コストカットする交渉術