エスクァイアシート素材・カラー選び

エスクァイアーの内装色とシート素材情報

 

エスクァイアは2種類の内装色と3種類のシート素材を選ぶことができます。しかし、これらは全てのグレードで自由に選ぶことができるわけではありません。

 

こちらでは内装色やシート素材に関する説明、それぞれのグレードの格差を解説していきます。

 

シート素材と内装色について確認しよう

 

最初に、エスクァイアにはどんなシート素材と内装色があるのかをチェックしましょう。

 

シート素材

1.ファブリック

一般的なファブリック素材で、ややチープ。

 

2.合成皮革シート
 
手触りとすわり心地のいい合成皮革になっており、高級感がある。

 

3.専用シート表皮(合成皮革)
 
特別仕様車限定シート。シート素材だけでなくデザインにも意匠を凝らしてあり、高級感がさらに増している。

 

内装カラー

1.バーガンディ&ブラック

※合成皮革シート専用カラー(ファブリックと専用シート表皮の場合には選択できません)になっています

 

2.ブラック&ブラック

 

※3種のシートいずれも選択可能

 

 

シートカラー

 

・内装色に準ずる

 

シートカラーは上で設定した内装色に準じる形になります。内装とは別々に設定はできません。

 

 

シート素材は3種類、内装色は2種類となります。

 

エスクァイアのシート素材、内装色組み合わせ

 

シート素材や内装色を複数の物から選ぶことができるということは既に解説済みですが、それを制限なく選べるわけではありません。自由に選べるようにしてしまうとその分、コストがかかるのでコストカットの為の制限でしょう。

 

シート素材や内装色はグレードごとに設定できる物が決まっています。その条件を表にまとめた物が以下となります。

 

シート素材

シート素材

HYBRID Xi、Xi

HYBRID Gi,Gi

特別仕様車

ファブリック

×

×

合成皮革シート

×

×

専用シート表皮

×

×

 

シート素材はわかりやすくグレードごとに条件が分かれています。下位グレードのXiはファブリック、上位グレードのGiは合成皮革シート、そして特別仕様車は特別仕様車専用シートとなっています。

 

内装色

内装カラー

HYBRID Gi、Gi

その他のグレード(特別仕様車含む)

ブラック&ブラック

バーガンディ&ブラック

○(設定色)

×

 

内装色については、「ブラック&ブラック」は全グレード共通となります。そして「バーガンディ&ブラック」は「HYBRID Gi」「Gi」のみの設定色となっています。設定色と言うのは、注文時に申し込む必要があるカラーラインナップのことで、特に何も言わなければ「ブラック&ブラック」に自動的に設定されますので注意しましょう。

 

実は、特別仕様車ではバーガンディ&ブラックは選択できません。どうしてもこの内装色にこだわりたい場合は場合は、「Gi」系のグレードを選ぶしかありませんので、気をつけましょう。

 

シート素材、内装色に関するまとめ

 

シート素材はグレードによって固定されています。ですから、グレードは低いけどシート素材だけいいものを、といったような注文は通りません。シートを良くしたい場合は高級なグレードを選ぶ必要があります。

 

内装色も同じように注意が必要で、「バーガンディ&ブラック」は「Gi」系のみ選択可能です。更に上級グレードである特別仕様車は「バーガンディ&ブラック」を選べませんのでその点注意です。設定色は事前に申し込みが必要な点も押さえておきましょう。

 

エスクァイアのグレード選択のコツや、おすすめグレード・人気グレードについては↓で詳しく説明しています。

 

>>エスクァイアのグレード比較~おすすめや違い~

 

シートアレンジについて気になった方は、↓で詳しく説明していますので、そちらもご参照ください。

 

>>シートアレンジと7人乗り・8人乗りを比較