エスクァイアのメーカーオプション

エスクァイアのメーカーオプション情報

エスクァイアはメーカーオプションの選択肢がとても多く、グレードによって設定条件も変わってくるので「何をどう選べばいいのかわからない」と困っている人も多いようです。

 

こちらでは、エスクァイアのメーカーオプションの設定状況や、それぞれの価格について説明するほか、おすすめメーカーオプションについて解説していきます。

 

エスクァイアのメーカーオプション価格と装備状況について

 

快適装備メーカーオプション

 

ツインムーンルーフ

 

オプション名

Gi(特別仕様車含む)

その他のグレード

ツインムーンルーフ

118,800円(税抜110,000円)

×

※8人乗り(4WD)はオプション設定対象外

 

天井窓の「ツインムーンルーフ」を標準搭載しているグレードはありません。Gi(特別仕様車含む)を選択した場合のみ、メーカーオプションとして追加装備が可能です。その他のグレードでは設定できませんので注意しましょう

 

もしもツインムーンルーフが絶対必要ということであれば、ハイブリッドエンジンは選択できません。ガソリンエンジンの「Gi」系のみの選択となります。

 

安全装備メーカーオプション

 

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

 

オプション名

全グレード

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

48,600円(税抜45,000円)

 

一列目シートはフロントSRSエアバッグを全車標準装備しています。しかし、サイドエアバッグに関しては標準搭載していませんので、メーカーオプションとして追加する必要があります。なお、この装備に関してはグレード格差はなく全グレード追加可能となっています。

 

インテリアオプション

 

リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)

 

オプション名

ハイブリッドGi(特別仕様車含む)

ハイブリッドXi

Gi(特別仕様車含む)

Xi

リヤオートエアコン・寒冷地仕様

88,560円

(消費税抜き82,000円)

66,960円

(消費税抜き62,000円)

69,120円

(消費税抜き64,000円)

 

フロントオートエアコンは全グレードが標準装備となっていますが、2列目~3列目用のリヤオートエアコンはハイブリッドGi以外装備しておらず、メーカーオプションとして追加する必要があります。

 

その上、リヤオートエアコンは寒冷地仕様とセットでしか追加できないため、価格は比較的高くなっています。価格はハイブリッドの場合は8万円代、ガソリンの場合には6万円台になります。

 

リヤオートエアコンはあくまで自動の装備であり、リヤクーラー(手動)に関しては全グレード標準搭載となっています。リヤオートエアコンを追加しなければ後列の温度調整は一切できないということではないのでご注意ください。

 

パワースライドドア

 

オプション名

ハイブリッドGi,Gi

ハイブリッドXi,Xi

パワースライドドア

両側標準搭載

助手席側標準搭載(両側対応は59400円)

 

エスクァイアは全グレード助手席側パワースライドドアを標準搭載しています。両側に関してはGi系のみ標準搭載で、Xi系はメーカーオプションとして追加する必要があります。

 

メーカーパッケージオプションに関して

エスクァイアは、ナビ関連のメーカーパッケージオプションを追加することができます。このオプションを利用することで複数のナビ関連の機能をまとめて装備することができるようになっています。

 

T-Connect SDナビゲーションシステム+ヴォクシー・パノラミックライブサウンドシステム

 

オプション名

ハイブリッドグレード

Gi

Xi

ナビセットオプション

×

366,120円

383,400円

 

タッチ式の高精細8型ワイドディスプレイとETCユニット、パーキングアシストセットになったオプションです。

 

高精細8型ワイドディスプレイ

 

T-Connectナビゲーションシステム対応8型ワイドナビです。ブルーレイディスク再生対応のオーディオレスとなっています。単純にナビとしての機能性に優れているにとどまらず、8スピーカーパノラミックライブサウンドシステムにより音響面を高める役目を担っています。

 

T-Connectってなに?

 

トヨタスマートセンターと通信機器(スマホなど)を接続することにより、ナビ更新等のサービスを使用することできる機能です(基本料金は無料になっています)。

 

 

とても便利な車庫入れ機能

 

1.インテリジェントパーキングアシスト

車庫入れの際に、自動でハンドル操作をアシストすることで駐車をサポートします。ドライバーはシフトを「R」に入れるだけの簡単操作ですから、周りの物や車にぶつける心配なく駐車できるのがセールスポイントです。とはいえ、完全に自動運転になるわけではなく、ブレーキをかけることは可能なので、子どもや動物などの急な飛びだしにも対応できます。

 

2.広角カラーバックガイドモニター

バックカメラのモニターを画角180度の「ワイドモード」に変更します。視野角を広げることで後方確認もスムーズになり、駐車の際の事故を防げるようになります。

 

エスクァイアのおすすめメーカーオプションは?

 

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

 

エスクァイアは全グレード「Toyota Safety Sense C」という安全機能パッケージを標準搭載していますが、それでも交通事故は100%防げません。いくらこちらが万全な状態だったとしても、一方的に追突される場合もあるでしょう。そんな際の備えとしてサイドエアバッグを搭載することで衝撃を緩和し、被害を最小に抑えることができます。全グレードにおいてメーカーオプションとなっていますので、予算の都合がつくようであれば追加をおすすめします。

 

両側パワースライドドア

 

既に全グレード標準搭載されている片側パワースライドドアですが、6万円で両側パワースライドドアに変更することができます。少ない人数で出かける際や乗員が全員健康な大人であれば特に必要ないかもしれません。ですが乳幼児や重い荷物を抱えての乗り降りやお年寄りとの旅行をすることが多い状況であれば値段以上の価値がある装備です。エスクァイアの使用状況を想定して導入を検討してみてはどうでしょうか。

 

それほど必要ないメーカーオプション

 

ツインムーンルーフは元々設定可能なグレードが低い上に、価格も高いです。よほどのこだわりを持っていない限り設定する必要はないでしょう。そして、リヤオートエアコンに関しても、エアコンがついていない訳ではなく、手動のリヤクーラーはついていますからそれで十分です。欲しくもない寒冷地仕様がセットでついてくるため、追加料金はかなりかさみますから追加の優先度は低くなっています。

 

最後にナビセットに関してですが、とても便利なオプションではありますが、とにかく40万円という料金だけがネックです。どうしても駐車がうまくいかない、こするのが怖いというのでなければ追加はしなくていいでしょう。ナビやETCは個別でも買えますので必要なものだけをそろえましょう。

 

エスクァイアのグレードをは↓の記事で詳細に比較していますのでそちらもご覧ください。

 

>>エスクァイアのグレード比較~おすすめや違い~

 

また、メーカーオプションは表通りの価格ではなく値引き交渉をすることもできますが。交渉の仕方次第で、メーカーオプションを安くたくさん付けることもできます。値引きテクニックは↓の記事で詳しく説明していますを。

 

>>エスクァイアの値引きで60万円コストカットする交渉術