Toyota Safety Sense C・自動ブレーキ安全性能解説

エスクァイアは高い安全性能を持っている

トヨタの運転支援システム「Toyota Safety Sense C」はエスクァイア全車が装備しています。それが評価されJNCAPの予防安全性能評価では満点(46点)と、安全性能を高く評価されています。

 

こちらでは、「Toyota Safety Sense C」を軸に、エスクァイアの安全面に関する様々な装備を紹介します。

 

Toyota Safety Sense Cってどんなもの?

 

Toyota Safety Sense Cとは下記三つの安全機能の総称で、ドライバーの運転負担を和らげて事故を防止する「運転支援」を目的とした機能です。エスクァイアはレーザーレーダーと単眼カメラの二つのセンサーを備えており、これらが前方を検知し高い安全機能を発揮しています。

 

1.プリクラッシュセーフティシステムスイッチ

 

約15km/h~140km/hという大きな速度域で、進路の前方車を発見検知し、警報を出して衝突を予防します。また、30km/h~80km/hの中速度域でブレーキを踏んだ際に強力なブレーキアシストを発生させたり、約10km/h~80km/hの車速域では自動ブレーキにより約30km/h減速し衝突を回避、もしくは衝突の際の衝撃を軽減します。

 

2.レーンディパーチャーアラートスイッチ

 

この機能は約50km/h以上での走行時に作動する機能です。道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、運転者がウインカーを出さずに車線を逸脱する可能性がある場合に、ブザーとディスプレイ表示で警報で知らせます。

 

3.オートマチックハイビームスイッチ

 

ハイビームとロービームを自動的に変更することで、見通しの悪い夜間などに前方の歩行者を見つけるサポートを行います。また運転者の操作を減らすことで運転負担を軽くしたり、ハイビームの切り忘れを防ぐこともできます。

 

 

その他、Toyota Safety Sense Cはこのような付帯機能があります。

 

先行車発進告知機能

 

信号待ちや渋滞で止まっている時、前の車が発進したのに気づかなかった場合にブザーとディスプレイで運転者に知らせます。

 

それ以外のエスクァイア安全機能

 

エスクァイアには「Toyota Safety Sense C」以外にも安全機能があります。ここではそれらを紹介していきます。

 

ドライブスタートコントロール

 

シフト操作時に急発進を抑制したり、もしも衝突してしまった際の被害を抑えます。

 

例として、後退した時にぶつけてしまったドライバーが、アクセルを踏んだままシフトを「D」に入れてしまった場合、ディスプレイ表示で警告します。その際にドライブスタートコントロールがエンジンを抑えることで、急発進・急加速を防ぎドライバーや同乗者の安全を守ります。

 

緊急ブレーキシグナル

 

急ブレーキをかけた際、ハザードランプを点滅させます。これにより後続車両へ警告を行い、追突を避けることができます。

 

車両接近通報装置

※ハイブリッドグレードのみ対応

 

エンジン音がしない車速約25km/hまでのEV走行中、もしくは後退時は歩行者との事故リスクがあがります。そこで、音声で車両の接近を歩行者知らせることにより事故を未然に防ぎます。

 

各種エアバッグ

エスクァイアには2タイプのエアバッグが装備可能です。

 

SRSエアバッグ+SRSニーエアバッグ → 全車標準搭載
SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ → 全車メーカーオプションで追加可能

 

運転席・助手席には前方衝撃軽減装備「SRSエアバッグ+SRSニーエアバッグ」が全車で標準搭載されています。側面から衝突された際の衝撃をやわらげるサイドエアバッグは、全車メーカーオプションでの追加装備が可能です。

 

エスクァイア安全性能まとめ

 

さまざまな安全機能を搭載しており、安全評価も最高峰です。Toyota Safety Sense Cも全車標準装備しており、どのグレードを選んでも安心です。しかし、エアバッグは完備というわけにはいかず、メーカーオプションで指定する必要があります。その他にも多数のメーカーオプションが設定されていますので、気になる方は↓で確認してみて下さい。

 

>>メーカーオプション・パッケージのおすすめは?