エスクァイア荷室の広さ?ゴルフバッグ・自転車積める?

エスクァイアの荷室容量は?

こちらでは、エスクァイアの荷室に関する仕様を一つずつ評価していこうと思います。まずは基本的なスペックの確認からです。

 

開口部高さ 1240mm
開口部最大幅 1200mm
開口部地上高 500mm

 

チェックしておきたいポイントは「開口部地上高」です。この数値が低ければ、荷物を積んだりおろしたりの作業が楽になります。従来型のヴォクシー/ノアは560mm(現行ノア/ヴォクシーは510mm)と十分低かったのですが、60mmも低くなることで荷上げ荷下ろしが更にらくちんとなっています。

 

荷物の入れやすさに直結する「開口部高さ」「開口部最大幅」もMサイズミニバンとしては十分大きい数値です。コンパクトミニバンであるフリードの開口部高さx開口部最大幅1,110mmx1,080mmよりも大きくなっています。

 

荷物はどのくらい収納できる?

 

エスクァイアはMサイズミニバンですから2列目~3列目を格納することでかなり多くの荷物を積み込むことができます。

 

シートアレンジの仕方によっても詰める量は変わってきます。こちらでは各シートアレンジごとに実際にどのくらい荷物をつめるのかを紹介していきます。

 

ゴルフバッグ収納数

 

3列目使用時 3~4個
3列目格納時 5~6個
2列目半分格納 7~8個
2列目全部格納 10個以上

 

エスクァイアを3列目シートまで使っていた場合は、かなり荷室が狭くなっているように見えるでしょう。ですが、実は開口部の高さがかなり高くなっていますのでゴルフバッグを縦に収納することで3~4本程度ならば収納することができます。

 

更に3列目を格納してしまえばより一層収納できる数は多くなり、その上2列目を前方にスライドさせてしまえばもう荷物は「いくらでも入ってしまう」といった状況になります。

 

実際にエスクァイアにバッグを積んでゴルフに出かける場合、ベストなのは3列目を畳んで4人で出かけるというシチュエーションではないでしょうか。3列目をたたんでしまえばゴルフバッグを含んだ4人分の荷物も十分収納可能です。
しかし、3列目を使用した場合にはゴルフバッグ4本だけで一杯ですし、3列目を半分畳んでもゴルフバッグ+それ以外の荷物が入るかどうかは微妙なところです。

 

4人以上で出かける場合には、2台以上に分かれてエスクァイアは荷物専用、もう片方の車を移動用として使うのがいいでしょう。

 

自転車収納数

 

3列目使用時 折り畳み式、分解式自転車1台
3列目格納時 折り畳み式、分解式自転車2台
2列目半分格納 24~25インチ自転車1台
2列目全部格納 26インチ自転車1台

 

3列目シートまで使用していた場合には、小さいサイズの折りたたみ自転車であればなんとか載せられるでしょうが、更に他の物を積む余裕はありません。ですが3列目を格納してしまえば、十分他の荷物を積む余裕が出てくるでしょう。2列目を半分格納してしまえば、折り畳みではない自転車でも小さい目のサイズであればそのまま載せてしまえます。更に2列目を全て格納した状態であれば、少し手間取るかもしれませんが26インチ自転車を積み込むことができます。

 

ベビーカー収納数

 

3列目使用時 B型ベビーカー1台
3列目半分格納 B型ベビーカー1~2台
3列目全部格納 A型ベビーカー1台

 

3列目シートまで使用していた場合でも、B型ベビーカーに関しては畳んでおけばほとんどの物を積むことができます。そして、3列目を半分格納しておけばB型ベビーカーが畳まなくても1台、畳めば2台積めます。

 

3列目シートを全部格納してしまえばA型ベビーカーも十分積むことが可能です。

 

3列目をフルに使用した場合の荷室容量

 

エスクァイアはMサイズミニバンですから、コンパクトミニバンなどと比較したら荷室容量もそこそこ大きくなっています。3列目を使っていても、普段使いで近所に買い物に行くくらいであれば荷物が入らなくて困るというようなことはないでしょう。しかし、旅行などで7人分目いっぱい荷物を積むということになるとやや厳しくなってきます。しかし、3列目シートを半分畳めば、荷物を詰める量も格段にアップします。大量の荷物を持って旅行に行くシチュエーションであれば、最適な人数は6人といったところでしょう。

 

 

各シートアレンジのモードについては詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみて下さい。

 

>>シートアレンジと7人乗り・8人乗りを比較