エスクァイアの4WDシステム評価 | ハイブリッド対応・価格

4WDシステムの性能評価と対応状況について

エスクァイアは室内快適性をアップさせるために大幅な低床化を実現しました。低床化実現の為に足回りに関する省スペース化が行われ、その中でも4WDに関連する部分には大きく手が入っています。

 

フロントサスペンション形式は従来のストラット式からマクファーソンストラット式に変更。スプリングの支持とダンパーの支持を分けた入力分離式により優れたスペース効率を獲得しています。それ以外の基本的な部品は旧来の物と同じ物を使用していますが、ブラケット(ストラットにスタビライザーリンクを接続する)を平らな形状からコの字型に変更することで剛性をキープしています。

 

リアサスペンション形式に関しての変更はなく、従来のトーションビーム式をそのまま使っていますが、4WD用プロペラシャフトやジオメトリーを避けて「曲げる」ことで余分なスペースを減らしています。曲げること自体は新しい技術ではなく、以前から採用されていましたが、より多くの省スペースを行うために曲げる部分を多くし、アーチ状から凸型になっています。その結果スタビライザーを付け加えることになり重量は増加してしまいましたが、ロール剛性を変えられるという利点があります。

 

低床化を行ったことによる利点は、取り付けブッシュが25mm下がったことで揺動軸の外下がりが強化されます。この結果、ロールステアでスタビリティの向上が見込めます。

 

 

まとめると、省スペースの為に低床化を行うと4WDの設計難度が上がります。それを様々なアイディアを採用することで乗り越え、更に今までを超える走行性能すら獲得しているのです。

 

4WDの対応状況について

 

4WDはその設計上、どうしても部品が多くなってしまうために、対応しているグレードも限られてきます。対応状況はこの表の様になっています。

 

駆動方式

ハイブリッド

ガソリングレード

2WD(FF)

4WD

×

 

上の表をを見ていただければわかりますが、4WDはガソリングレードのみでハイブリッドには対応していません。この理由はハイブリッドと4WDはどうしても部品が多くなってしまうからです。ハイブリッドかつ4WDとなると部品が多くなりすぎて、車体構造的に無理が出てしまうのです。もしもどうしても4WDがいいという場合にはガソリン、ハイブリッドがいいという場合には2WDということになります。

 

2WDと4WDのメリットとデメリットを比べよう

 

2WDと4WDには各々メリットもデメリットもあります。4WDは悪路での走破性は上がりますが、デメリットもありますので何も考えずに選ぶのはお勧めできません。最初にそれぞれの駆動方式ごとの注目ポイントをチェックしましょう。

 

駆動方式 利点 欠点
2WD(FF)

・車体自体が安い
・低燃費

・悪路に弱い
4WD ・悪路に強い

・車体自体が高い
・燃費が悪い

 

上の表の通り、2WDと4WDのチェックポイントはざっくり分けると

 

1、車体の価格
2、燃費
3、悪路での走り

 

3点になります。

 

車体の価格

 

4WDを選択した場合には2WDと比較して20万円ほど価格が高くなります。その理由は足回り構造の複雑化で極力価格を下げたいということであれば2WDを選ぶようにしましょう。

 

燃費

 

4WDは基本的に2WDよりも燃費がよくない場合がほとんです。エスクァイアも例外ではありません。実際に燃費がどのくらい悪くなるのはか↓の表のとおりです。

 

駆動方式 Gi Xi
2WD(FF) 16.0km/h 16.0km/h
4WD 14.8km/h 15.0km/h

 

エスクァイアにおいては、燃費に関して大きくは変わりませんが、とはいえ約8%ほどの燃費性能低下は避けられません。

 

>>エスクァイアの燃費は悪い?実燃費についても検証

 

悪路での走り

 

悪路での走りは断然4WDの方が上です。雪道などの悪路を走る場合は、2WDではスタックして困るケースがあるでしょうが、4WDならば切り抜けられることが多いでしょう。

 

2WDと4WDに関するまとめ

 

4WDは「値段が高くなる」「燃費性能が悪くなる」という大きなデメリットを持っていますので、基本的には2WDを選ぶようにしましょう。ですが、雪国に住んでおり、雪道や山道などの悪路を走ることが多い場合には話は別です。多少コストはアップしてしまうかもしれませんが、4WDを選ぶメリットは大きいでしょう。

 

当然コスト負担はアップしてしまうことになりますから、エスクァイアの車体価格7値引きする等の方法でトータルコストを削減しましょう。

 

>>エスクァイアの値引きで60万円コストカットする交渉術