エスクァイアの納車期間は?納期が遅いときの対策は?

エスクァイアの納車と納期情報

エスクァイアを購入する時に気をつけておきたいポイントとして納車期間があります。

 

新車の場合には納車まで時間がかかることが多く、たとえ在庫があったとしても諸々の手続きがありますから最短でも一か月は待つことになります。更に、人気が高い車種になると在庫を待つことになる為、数か月から半年は待たされることも珍しくありません。エスクァイアは人気車種ですから、納期に関してはそれなりに余裕も持った方がいいでしょう。

 

実際にどれくらい待つことになるのか、エスクァイアの納期平均値は以下のようになります。

 

2016/8月 1~3カ月
2016/9月 1~3カ月
2016/10月 1~3カ月

 

エスクァイアは比較的新しい車種ですから、1~3か月程度はかかることを覚悟した方がいいでしょう。しかし、これはあくまでも平均的な数値です。人気車ですから、ディーラーの在庫状況によっては更に1~2か月遅れることも考えられます。地域によっても在庫や人気の状況は変わってきますから、エスクァイアの人気が高い地域で在庫がない、という状況であれば納期まで半年以上になってしまうこともあります。

 

納車期間が長くなりそうな時の対処方法

 

いざエスクァイアを購入しようと商談にのぞんでみたら、「納期は半年先」と言われてしまう場合があります。状況に余裕があるから半年待ってもいい、ということであればいいのですが、そうそう上手くはいかないでしょう。当然「もうちょっと早く納車できないの?」といった心境になるはずです。このような場合には、他の複数のディーラーにエスクァイアの納期を聞いてみるようにしましょう。

 

ここまでで説明したように、エスクァイアの納車期間は一定ではありません。ディーラーの状況次第で短くもなるし、長くもなるのです。問い合わせさえすれば、まず間違いなく納期を教えてくれます。各ディーラーの納期状況を調査して早いところに乗り換えるのも一つの手段でしょう。

 

いちいち電話して問い合わせるのは面倒…、と思われる方もいるかもしれません。しかし、この調査には実はもう一つの大きな目的があるのです。もしも、ここでエスクァイアの納期が短いトヨタディーラーがあったとします。そのディーラーはつまり、エスクァイアの在庫がある、余っているということですから値引きしてでも売りたいという気持ちが強いはずです。納期が短ければ短いほどエスクァイアを値引きできるチャンスが増えるのです。

 

反対にエスクァイアの納車期間まで数か月から半年、などというのは売れに売れているディーラーです。わざわざ値引きする必要もありまえんから、値引きできる可能性も少ないということになります。

 

エスクァイアはトヨタ車ですから、トヨタディーラー同士をぶつける形の相見積もりを駆使して値引きを行っていきましょう。購入予算を削るために、最終的にはいくつものディーラーを訪ねることになります。その手間をなるべく軽減する為に、前もって電話でエスクァイアの納期を確認しておくことが大事です。納期の早いディーラーは値引きが拡大するチャンスがあるので本命。遅いディーラーは値引きが渋い可能性が高いので対抗。といった切り分けをしたうえで相見積を行い、値引き額を拡大していく方針を取れば値引き効率アップ間違いなしです。

 

他にもエスクァイアの値引きテクニックは色々ありますので、↓のページをぜひ参考にしてみて下さい。

 

>>エスクァイアの値引きで60万円コストカットする交渉術