エスクァイアのライバル車比較|対抗車チェック

値引き交渉に役だつエスクァイアライバル情報

エスクァイアはミニバン車種です。ミニバンは今日本国内で非常に人気が高いジャンルなので、各社とも力を入れており、ライバルも数多くいます。エスクァイア/ヴォクシー/ノアは他メーカーにとっては天敵なので、ライバル車種の開発に日々取りこんでいるのです。

 

エスクァイアの主なライバルは以下のようになります。

 

セレナ(日産) 概要
 

日産の人気ミニバンでエスクァイアのライバル筆頭。昔はノア/ヴォクシー、ステップワゴンと互角の売上競争をしていたが、ハイブリッド化に出遅れて為人気は低迷した。しかしその後ハイブリッド化を行い、自動ブレーキなどの先進技術により現在は人気が戻りつつある。

 

人気グレード:ハイウェイスターVセレクション+SafetyII(272万円)

ステップワゴン(ホンダ) 概要
 

セレナと同じように、ハイブリッド化が遅れたため売れ行きは右肩下がり。しかしモデルチェンジにより縦にも横にも開くテールゲート「わくわくゲート」を採用したことで復活。今後のハイブリッド化によって売上増も見込める。

 

人気グレード:G(248万円)

ビアンテ(マツダ) 概要
 

昨今売上好調のマツダ車ながら、ビアンテに関してはエスクァイアやセレナ、ステップワゴンなどに人気車種に水をあけられている。ただし売れ行きが弱い反面値引き幅が大きい為、格安でミニバンを購入したい人から支持を受けている。

 

人気グレード:グランツ スカイアクティブ(267万円)

 

オデッセイやフリードは?

同じミニバンのオデッセイやフリードも人気はありますが、エスクァイアのライバルとして扱うことはできません。

 

というのも、オデッセイは価格帯がエスクァイアより上ですから、どちらかというとむしろアルファードやヴェルファイアのライバルという方が合っているでしょう。なのでエスクァイアの値引き商談の場でオデッセイについて言及してしまうと交渉がこじれるかもしれません。

 

次にフリードになりますが、こちらは逆にエスクァイアより価格が低めですからエスクァイアとの相見積もりには向きません。シエンタを購入する際には強力なライバルとなるので、是非使ってみてください。

 

エスクァイアとライバル車種の比較

 

エスクァイアのライバルについて知りたいということは、

 

・エスクァイアを買うかべきかどうかを迷っている
・エスクァイアの値引き交渉のために使おうとしている

 

このどちらかになるかと思います。ですから、ライバルについて情報をキャッチし、エスクァイアの値引き交渉に役だてながら、それでもライバル車種に目移りしてしまった時にはライバル車種の購入を考えましょう。

 

エスクァイアの値引きの基礎はトヨタ車同士で行う競合になりますが、商談が煮詰まった場合にはライバル車種の相見積もりも有効です。

 

ですが、何も知らない状態で適当にライバル車種の話をしてしまえば、それは営業マンに簡単にバレてしまいます。ですから、きちんとライバル車種について学んでおき、どんな状況でも答えられるようにしておきましょう。

 

ここでは、エスクァイアの値引き交渉の材料という点を重視してライバル車種を解説していきます。

 

セレナ

・視界が開けている
・価格帯はエスクァイアとほぼ同じ
・自動ブレーキ機能

ステップワゴン

・わくわくゲートが便利
・価格帯はエスクァイアとほぼ同じ
・燃費性能はエスクァイアより上

ビアンテ

・とにかく値引きが大きい
・価格帯はエスクァイアとほぼ同じ
・燃費性能が低い

 

上記はそれぞれのポイントになります。値引き交渉に有利な要素が赤文字、NGワードが青文字となっています。

 

セレナの場合

セレナはエスクァイアとさまざまな面で似ており、車体について値引き交渉に使える部分があまりありません。あえていえば、セレナはウィンドウ形状の改良されており、360度ぐるっと視界が良好で運転しやすい点が挙げられます。

 

ですから、エスクァイアを値引きするときのアピールポイントは「セレナを試乗してみたら、すごく運転しやすかった。視界が開けてるからかな。なので悩んでるんだよね」などと言えば「もう試乗もしてるの?」と相手を警戒させることができるでしょう。

 

NGワードは自動ブレーキです。日産といえば自動ブレーキですが、エスクァイアにも自動ブレーキは装備されています。ですから自動ブレーキでアピールしてしまうと、「エスクァイアにもついてますよ」と言われて商談がこじれるかもしれません。

 

ステップワゴンの場合

 

ステップワゴンもエスクァイアとよく似た車なので、アピールは難しいでしょう。ステップワゴンのモデルチェンジによって「わくわくゲート」が採用されましたから、「ステップワゴンのわくわくゲート便利なんだよね、子供も喜んでるよ」と新機能をターゲットにしてみてはいかがでしょうか。

 

NGワードは燃費についてです。確かにガソリンタイプのエスクァイアによりも若干燃費性能は良いですが、その差はたったの1km/リットルしかありません。その点を執拗に攻めてしまえば、「ケチなひとだなぁ。頑張って値引きしても契約してくれないんじゃないか」と思われて危険性は高いです。

 

ビアンテの場合

 

ビアンテは人気のない車種ですから、そもそもビアンテとエスクァイアを相見積もりしようとする人はあまりいません。ですから競合させても営業マンの反応は思わしくない可能性があります。

 

コツとしては、ビアンテは人気薄のため、数十万円の超大幅値引きが提示されることもあります、そこで「ビアンテがすごく安くなりそう。エスクァイアも頑張ってくれれば契約を考えるんだけど…」というようなアピールは有効です。ただし、そのために、必ずあらかじめビアンテの見積もりを取って起きましょう。

 

「ビアンテは燃費が悪そう」等はNGワードです。商談中にわざわざ言うことはありません。もし口をすべらせてしまったら「うちのエスクァイアの方が燃費がいいですよ!」と相手に主導権を与えてしまうことでしょう。